特別養護老人ホーム 看護師の役割

病院などの医療機関ではなく、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)などで働く事に興味をお持ちの方へ。

オススメ人材会社

特別養護老人ホームでの看護師の役割

 

特別養護老人ホームでの看護師の役割

特別養護老人ホームでの勤務、仕事内容に興味があるが、こうした介護施設での看護師はどういった役割を果たせば良いのだろうか?

と疑問に思われている看護師の方も多いのではないでしょうか。
知り合いに実際に施設で働いている方がいれば聞けるので問題ないのですが、実際にはあまり知り合いにそうした方がいない、という事も多いでしょう。

高齢化社会が進む現代ですが、それに伴って特別養護老人ホームをはじめとして介護施設の数も年々増えてきています。
当然、施設事に必要な看護師数も定められていますから、そこで働く看護師さんの求人も増えています

日勤常勤、非常勤・パートとしての求人が多いため、家庭と仕事を両立させたい看護師さんの転職が多いそうです。

特養看護師として働く上で、求められる役割としては「生活の場で、ご利用者を支援すること」といえます。

看護師として、医療者の視点から入居されている方の生活を支援することが役割となります。

病院と介護施設の違い

 

病院とは違って福祉施設では患者さんが搬送されてきたり、著しく状態の悪い患者さんがいるという事もありません。
重要な役割として、ご利用者の方のバイタルチェックをし、観察し話しかけコミュニケーションを取りながら、一人一人の健康状態を把握すること、体調が悪そうだ、いつもと様子がおかしいと感じたときに、対処を取ることが大切な仕事になります。

また、施設では医療行為はできませんので、医師による診察、治療が必要な状態になれば病院へ付き添いをしていくことになります。

介護施設で働く介護スタッフが判断に迷ったときの相談対応も重要な役割となります。
医師との連絡も看護師の役割です。

生活の拠点として人生の最期まで過ごされる方が多いのも、特別養護老人ホームの特徴と言えるかもしれません。

特別養護老人ホームでの看護師の仕事、働き方に興味のある方は、こうした求人情報も多く集まる人材紹介会社を活用して求人状況を確認されることをお勧めします。