看護師の転職 介護施設の求人

病院などの医療機関ではなく、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)などで働く事に興味をお持ちの方へ。

オススメ人材会社

病院から介護施設への転職

 

病院から介護施設への転職

病院勤務(外来、病棟、手術室など)から特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホームなどの介護施設へ転職される方が増えていると言います。

高齢化社会が進む日本において、こうした介護施設や介護に関連する市場が伸びてきています。
それに伴って施設も増え、関連したサービスも増えて従事する人材も増えています。

介護施設にはそれぞれ利用者数に対して看護師の配置数なども定められていますから、施設が増えればそれだけ看護師求人も増えるということになります。

介護スタッフは多くいますが、各施設において看護師の数はそれほど多いとはいえないのが実情です。

それだけに判断を任される場面も多く、責任も大きくなってきます。

実際の介護に関するお仕事の多くは介護職(ホームヘルパー、介護福祉士)の仕事になりますから、介護施設での仕事全てをこなすわけではありません。
(看護師としてどこまでが仕事内容となるのかは、事前に人材紹介会社などを介して確認される事をオススメします)

人材紹介会社などを介して情報を得る

 

看護師として重要な役割として、ご利用者・入居者の方の健康管理が挙げられます。

日々のバイタルチェック、コミュニケーションの中でいつもと状態が違うと感じたときに、看護師としての能力を活かしてサポートする事が重要だと言われます。

高齢者ゆえに体力も落ちていますから、急に体調が悪化することも考えられます。
そうした時にすぐに病院側と連絡を取り、対応できるようにすることも看護師としての重要な役割といえます。

ご家族とコミュニケーションを取ることも大切です。

現実問題としてなかなか家族が面会にこない方もいるのですが、普段どのように過ごされているか、体調はどうかといったことを看護師の視点からご家族に伝える事も大切な役割といえるでしょう。

今後、ますます求人・募集が増えていくと考えられている介護関連の看護師の仕事。

人材紹介会社などを介して、詳しく看護師の役割、仕事内容などを聞くことができるでしょう。
当サイトでも介護施設の看護師求人を多く扱う人材紹介会社をご紹介しています。

お仕事に興味のある方は、それぞれの看護師人材紹介会社の公式サイトをご覧になり、お住まいの地域で求人がありそうな場合問い合わせをされてみてはいかがでしょうか。