特養老人ホーム 看護師の給料

病院などの医療機関ではなく、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)などで働く事に興味をお持ちの方へ。

オススメ人材会社

特養での給料について

 

イメージ

特別養護老人ホーム(以下、特養)は、基本的に65歳以上で身体的・精神的の障害の為に常に介護を必要とする人が対象の施設です。

特養では介護認定で要介護と認定された方が、日常生活に必要な介助や健康管理などのサービスを受けることができます。

病院や療養施設ではなく生活の場であるので、1日のスケジュールが決まっており、規則正しく、日常生活を楽しむ場でもあります。

特養の看護師は病院の看護師のように夜勤は無く、ほとんどの施設が日勤のみの勤務になる為、給料は低いようです。

施設の規模や入所者数よって差はありますが、正看の正職員で平均で月給25万円ほどで、正看の非常勤(パート勤務)で平均時給が1800円ほどです。

時給のみで見ると、特養の看護師は病院勤務の非常勤(パート勤務)との差はほとんどありません。

特養で働くメリット

 

特養は子育て中の看護師や病院での勤務が厳しかった看護師にとって、日勤のみの勤務というのは仕事と家庭の両立させるには非常にメリットとなりますし、看護師資格を有益に活かせる職場だと考えられます。

病院の勤務に比べ、特養に入所されている方は医療行為が必要でも比較的状態が安定しているので、医療行為を行う機会は少ないですが、現在では医療技術の進歩した為に医療行為が必要な寝たきりの方や、認知症を患った方が入所されています。

特養は常勤の医師を設置されていない施設が多いですので、医療行為が行える看護師は非常に重要な存在と言えます。

また、2001年に日本看護師協会により専門看護師の特定分野として、「老人看護」が設けられています。

スキルアップを考えておられる看護師は、特養に数年間勤務する事によって専門看護師(老人看護)の認定を受けるための申請書を提出する事が可能になります。

特養の看護師の給料は夜勤が無い為にどうしても低くなってしまいますが、日勤のみの勤務であり、病院ではあまり行えなかったと思われる「コミュニケーション」の時間をゆっくりと取る事ができますので、コミュニケーションを重視する看護師にとっては働きやすい職場なのではないでしょうか。