キャリアアップ 看護師の資格

病院などの医療機関ではなく、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)などで働く事に興味をお持ちの方へ。

オススメ人材会社

キャリアアップに有利な免許や資格

 

イメージ

特別養護老人ホーム(以下、特養)は身体や精神に障害などがあり、日常生活を営む上で介護が必要な高齢者が入所されています。

入所されている方にとっては、「生活の場」であり、「終の棲家」となります。

最近では、入所者の高齢化と共に医療的な処置(痰の吸引や経管栄養法など)が必要な入所者が増加しており、看護師の活躍が期待されています。

特養にとって、看護師は「医療行為が行なえる」点でとても頼りになる存在ですが、キャリアアップを考えておられる方に有利な資格を紹介します。

まずは社会福祉士・精神保健福祉士(国家資格)です。

身体的・精神的な障害などで、日常生活に営むことが困難な方やそのご家族、生活困窮者に対して、福祉に関する相談に応じ、必要なサービスを受けられるように助言や援助を行う為に必要な資格です。

次は介護福祉士(国家資格)です。

身体的・精神的な障害などで日常生活を営むのに支障がある方に対して、専門的な知識を持って介護を行う為の仕事です。

続いてケアマネージャー(介護支援専門員)です。

要介護者に介護保険制度において自治体や在宅サービス事業者、各介護保険施設などとの連絡調整を行い、ケアプラン(介護サービス計画)を制作する為に必要な資格です。

介護職の仕事に就く上で、この資格を所持していると介護の現場では非常に有利です。

以外と知られていない?相談員・専門士の資格

 

次は福祉用具専門相談員です。

高齢化社会になり、日常生活を送る上で様々な福祉用具や介護用品が開発され、知識や情報不足から適切に用具を使いこなせていない方が多いです。

福祉用具専門相談員は、そんな福祉用具や介護用品のレンタルや販売を行う時に、選定や使用方法について助言を行う仕事です。

次は認知症ケア専門士です。

最近は認知症を専門で介護する棟を設置ている特養も増加しています。

認知症ケア専門士は、認知症ケアに関する専門的な学識と高度のコミュニケーション技術や倫理観を持った、認知症介護の専門家です。

最後は介護食士です。

日常生活を営む上で、食事を取る行為は生きていく為に必要な行為であり、楽しみでもあります。

嚥下能力が低下した方でも安心して食事ができるように環境を整えたり、調理を工夫して食べやすい食事を提供する専門家です。