転職活動 履歴書

病院などの医療機関ではなく、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)などで働く事に興味をお持ちの方へ。

オススメ人材会社

転職に有利な履歴書の書き方

 

イメージ

最近の転職活動では、履歴書を面接を受けるより前に送付するといった方法を取る事が多くなっています。

送付された履歴書は転職先への最初のアプローチとなり、書類選考の合否を決定してしまうと言っても過言ではありません。

まずは書店やコンビニなどで履歴書用紙を準備します。

使用する筆記具は、万年筆またはボールペンを使用し、書き間違えてしまった場合は破棄をして新しい履歴書用紙に最初から書き直しましょう。

字が下手でも構いませんが、一生懸命、丁寧に書く事を心がける事で転職先に熱意が伝わると思います。

証明写真は3か月以内に撮影したものを使用します。

特別養護老人ホーム(以下、特養)は高齢者とのコミュニケーションの場であるので、撮影時には少しほほえむような感じで明るくやわらかな印象を与えるよう心掛けましょう。

証明写真の重要性

 

証明写真は履歴書の中でも唯一のビジュアル情報になり、採用する側も印象がパッとしない人より明るくやわらかな印象を持つ、誰もに好印象を与える人を採用したいでしょう。

その為には、証明写真は専門の写真店で撮影する事をお勧めします。

スピード証明写真は便利で安価ですが、取り直しができませんし、採用側に履歴書にスピード証明写真で撮影したものと、きちんと専門の写真店で撮影したものには違いがあると分かってしまいます。

採用側は、いくつもの履歴書の中から施設に合った人材を選ぶ事になりますので、同じような条件の人であれば、スピード証明写真を使用している人よりも専門店の写真店で撮影した人を選ぶでしょう。

特技や趣味、自己PRはしっかり記入しましょう。
空欄のままだったり「特になし」と一筆記入しただけという事は絶対にやめて下さい!

特養では様々な行事やレクリエーションが行われますので、芸術的な特技や趣味があれば是非記入するようにして下さい。

楽器が演奏できたり、絵を描けたり、園芸や書道、カラオケなどは行事やレクリエーションで役立ちます。

学歴や資格よりも採用者が重視する項目なので、少し嗜んだ程度でも記入して下さいね!