転職 面接

病院などの医療機関ではなく、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)などで働く事に興味をお持ちの方へ。

オススメ人材会社

面接のポイント

 

イメージ

特別養護老人ホームは病院とは違い「生活の場」「終の住処」であるので、人当たりが良くてコミュニケーション能力が高い人が好まれます

面接時には、しっかりとした対策を考えておく事が必要です。

面接官は履歴書を参考に面接を進めていきますので、転職先に履歴書を渡す前にコピーを取っておき、必ず面接前に目を通すようにしましょう。

服装は黒、または深めの灰色のリクルートスーツに白いシャツを着用し、派手な装飾具は着けず、ナチュラルメイクで髪はまとめておきます

前職で勤務していたように、身だしなみを整えるのがベストだと思います。

第一印象は思っている以上に後々まで強く残ってしまうものです。

面接での限られた時間内では、面接官に全てを理解してもらうことは難しいですが、清潔で明るい笑顔や、人当たりがやわらかいと印象づける事で面接官に好印象を与え、採用につながります

面接前にシミュレーションを行っておく

 

また、面接時にどのような質問をされるかを予想しておく事も大切です。

面接時の質問で非常に多いものは、志望動機や長所と短所・前職での職歴などで、面接前にまとめておき、コンサルタントや知人などとシュミレーションしておく事で実際の面接時でもしどろもどろになる事もなくしっかりと答えることができます。

シュミレーションを行っておくと、緊張をほぐして滑らかに話す事ができるようなり、面接官に対して自身の考えを上手に伝える事ができます。

面接時は前職場の事を聞かれる場合が多いですが、不満な事を話してしまうと良くない印象を持たれてしまう可能性もあります。

正直に話したい気持ちも大切ですが、面接官は自身の愚痴を聞く為ではなく、採用するに相応しいかを見極める為に時間を準備し、面接を行っています。

前向きな発言を増やし、面接官にとっても有意義な時間だったと思ってもらえるような気持ちで面接に臨みましょう

ほとんどの場合で面接官が最後に「何か質問はありますか?」と問われるので、あらかじめ聞きたいことを準備しておく事で意欲が伝わりやすくなり、好印象を持たれます。