転職サイトの注意点

病院などの医療機関ではなく、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)などで働く事に興味をお持ちの方へ。

オススメ人材会社

転職サイトを利用する際の注意

 

イメージ

看護師転職サイトを利用しての就職活動は、非公開求人の情報を得られ、専属のコンサルタントと連携して行うので非常に心強いものですが、注意しなければいけない事もあります。

看護師転職サイトに登録後、専属のコンサルタント就いて支援が受けられるというのは便利で有難い事です。

しかし、相性が良いコンサルタントが専属に就いた場合は良いのですが、相性が良くないコンサルタントに就いた場合には、転職が思うようにいかなくなる事も少なくありません。

コンサルタントには、転職に対する気持ちや考え方をしっかりと伝えて事が必要です。

コンサルタントにもよりますが、自分の希望した条件とは合わない転職先を紹介してくるコンサルタントもいるようです。

サイト側へ支払われる採用報酬金との関係や、求人先が早急に人材を確保したい場合に、登録していた人の経験や条件が揃っていたので紹介されるといった事も起こります。

このような時に、情に流されやすい方は要注意です。

看護師転職サイトを上手に利用しよう

 

コンサルタントがあまりにも一生懸命に紹介してくるので、情に流されてしまって希望していた条件でないところに転職を決めてしまう事になるかもしれません。

看護師転職サイト側は、転職を成功させる事によって始めて「採用報酬金」という形で収入につながります

ですので、自身の条件が合わなくても求人側の条件が合っていれば、強引に転職を勧める可能性もあるのです。

このように、コンサルタントとの相性が良くない場合や、強引に転職を進めてくるコンサルタントの事も考えて、複数の看護師転職サイトに登録しておく事をお勧めします。

また、看護師転職サイトを利用せずに直接応募をする人がいた場合には、若干不利になります。

求人を非公開にしている転職先なら問題はないのですが、同時期に看護師転職サイトを利用して応募した看護師と直接応募した看護師がいた場合、同じような条件なら直接応募した看護師が採用されやすくなります。

看護師転職サイトには多少のデメリットはありますが、上手に利用すれば効率よく転職活動を行えると思います。