特別養護老人ホーム 看護師 仕事

病院などの医療機関ではなく、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)などで働く事に興味をお持ちの方へ。

オススメ人材会社

特別養護老人ホームにおける看護師の仕事

 

特別養護老人ホームにおける看護師の仕事を記載しているページです。

特別養護老人ホームは病棟勤務と異なり、入居者の生活の場となっていますから、必然的に看護師の仕事内容・役割も変わってきますね。

日々生活を送る入居者と接して健康管理を行ったり、入浴前後のバイタルチェック、薬の管理・配薬、皮膚トラブルの処置を行います。急変時に病院、医者へ連絡を行うことも看護師の役割です。

特養老人ホームには、病院と違って医師が24時間常駐しているわけではありません。中には医師のいる特別養護老人ホームもあるかと思いますが、基本的には看護師のみが常駐します。

配置基準が法律で決まっていますので、特別養護老人ホームには看護師を置くことが決められています。

そのため、病棟勤務とは異なるプレッシャーを感じる看護師さんもいるようです。しかし基本的に健康な方々に対応することになりますので急性期のような忙しさはありません。

それよりも日々の生活の中で、どのように入居者と接していくか、周囲の介護福祉士やホームヘルパー、ケアマネージャーと関係を築いていくかが大切な仕事と言えるでしょう。

介護の仕事を行うこともあります

 

勤務する特別養護老人ホームによっては、看護師としての仕事以外にも、入浴介助などを行うことがあります

「自分は看護師だから…」という意識を持っていると対応できないかもしれませんので、その辺りは柔軟な態度で臨むと良いでしょう。

結局利用者にとっては、介護士さんも看護師さんも変わりません。その特別養護老人ホームの人、という認識で話しかけてくる方が多いので、精神的なゆとりを持って接すると良いですね。

病院よりも時間がゆっくりと流れますから、入居者一人ひとりと向き合って仕事を行えるのが最大の特徴かと思われます。

高齢者と話すことが好きで、コミュニケーションが得意な方に向いている仕事と言えますね。

人に歴史ありではありませんが、年齢を重ねている方は、それぞれ多様な人生を送っています。そのような方々の思い出話に耳を傾けるだけでも、学ぶことが多いのではないでしょうか。